教材の活用方法

動画教材の活用例と効果

職場のメンタルヘルスやセクハラ・パワハラなど、職場意識だけではなく、管理職や経営者の対応を分かりやすく描き好評です。
建設業や製造業などの安全衛生教育には、動画の分かりやすさが理解を助け効果を上げています。
動画教材の定期的な活用が、スキルアップや健康の自己管理につながり、職場活性化させます。
集合研修だけではなくテレワーク中も個別で学習ができスケジュールに合わせた対応が可能です。

動画教材のメリット

01映像のイメージはインパクトがあり、記憶に残りやすい

動画教材は、講義と文字だけの研修と比べて4倍の効果があると言われています。

ドラマ形式で事例を再現するなど、動画のイメージが研修にもたらす効果が再認識され、セミナーでも動画の活用が多く求められるようになりました。

02講師を呼ぶ費用に比べ安価で手軽に導入可能

コンプライアンス研修等を社外講師を手配して行う場合、1回平均30万円程度必要となります。
講師を呼ぶ費用に比べ動画教材の場合、その10分の1程度にコストを抑えることも出来、安価で手軽に導入することができます。
また、何度も閲覧することができるので、非常に経済的です。

03解説、事例が分かりやすい

セクハラ・パワハラや事故防止の教材など、事例が映像としてあることで、「こういう例がいけない」という情報が分かりやすく頭に入っていくのも映像教材の特徴です。
また、事例紹介として映像教材を研修に入れることで、内容にメリハリが出て、長時間の研修であってもしっかりとしたインプットを聞き手の社員に与えることができます。

理解度を高めるためにも、是非ご活用ください。

お問い合わせ

お問い合わせはお電話、またはメールフォームよりご連絡ください。

03-5803-9511

電話受付 平日 9:30~17:00