パワハラ

ケースで学ぶパワー・ハラスメント対応

ケースで学ぶパワー・ハラスメント対応
-「効果的な指導」との違いを知る-

「パワハラ」と「効果的な指導」のボーダーラインはどこか?
上司・部下のタイプ別にケースドラマで解説するラーニング教材!

職場におけるパワー・ハラスメント(個人あるいは組織が、与えられた職権を背景にして、人権等を侵害する言動で相手に精神的な苦痛を与えること)の発生は、被害者の心身へのダメージだけで済まされるものではありません。職場のパワハラを放置することは、職場全体の士気の低下を招き、人材の流出や企業イメージのダウンにつながります。
9つのケースドラマ・解説を通して、「パワハラ」と「効果的な指導」のボーダーラインを気づかせ、ケースバイケースの対応を知ることができます。

  • パワハラがなくなる話し方・接し方
    • [ケース1]知識・技能レベルが高い部下
    • [ケース2]プライドが高く仕事熱心な部下
    • [ケース3]自由奔放タイプの部下
    • [ケース4]無気力に見える部下
  • どこからがパワハラか
    • [ケース1]完璧主義タイプの上司
    • [ケース2]押し出しが強い上司
    • [ケース3]決断力に欠ける上司
    • [ケース4]部下へ過保護な上司
    • [ケース5]部下に任せきれない上司

全員向け

DVD (40分)


定価80,000 円(税別)


映像教材検索

カートを確認する

各種お問い合わせ

TEL. 03-5803-9511 FAX. 03-5803-9530
メールフォーム
FAX注文書